出典:デジタル大辞泉(小学館)

宇宙航空研究開発機構(JAXA (ジャクサ) )により、平成19年(2007)9月に種子島宇宙センターからH-ⅡAロケットを使って打ち上げられた日本の月探査機の愛称。正式名称はSELENE (セレーネ) (Selenological and Engineering Explorer)。主衛星と「おきな」「おうな」という2機の子衛星からなり、月を周回しながら高性能の機材を使って月全体の重力場の測定や極地に氷があるかどうかなどを調査。平成21年(2009)6月11日、制御落下により月面に落下し、運用を完了した。名称は竹取物語に由来。

[補説]月の起源と進化の解明、将来の月利用のため多様な観測が行われた。月の表と裏では重力異常に差があり地殻の構造や形成過程が異なること、月の南極の永久影(一年を通して太陽光が当たらない場所)には水の氷が存在しないこと、月の海とよばれる部分の地下構造は玄武岩レゴリスが層状になっていることなどが明らかになった。