出典:デジタル大辞泉(小学館)

いくらほねをおっても人に認められないことのたとえ。