出典:デジタル大辞泉(小学館)

ある測定値と平均値との誤差が、一定数より大きくなる確率と小さくなる確率とが等しくなる値。