• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

がく‐りょく【学力】 の意味

  1. 学習して得た知識と能力。特に、学校教育を通して身につけた能力。「高等学校卒業程度の―」

がく‐りょく【学力】の慣用句

  1. がくりょくけんさ【学力検査】
    • 学習を通じて形成された能力を測定・評価する検査。学力テスト。
  1. がくりょくテスト【学力テスト】
  • がく‐りょく【学力】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・今自分の頭で解剖すれば、その時の自分の心もちは、道徳の上で丹波先生を侮蔑すると共に、学力の上では毛利先生も併せて侮蔑していたとでも説明する事が出来るかも知れない。

      芥川竜之介「毛利先生」

    • ・・・ と、呟きながら読んで行って、「応募資格ハ男女ヲ問ハズ、専門学校卒業又ハ同程度以上ノ学力ヲ有スル者」という個所まで来ると、道子の眼は急に輝いた。

      織田作之助「旅への誘い」

    • ・・・この少年は数学は勿論、その他の学力も全校生徒中、第二流以下であるが、画の天才に至っては全く並ぶものがないので、僅に塁を摩そうかとも言われる者は自分一人、その他は、悉く志村の天才を崇め奉っているばかりであった。

      国木田独歩「画の悲み」