出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]

  1. 「ね」の音の繰り返しで「ねもころ」にかかる。

    1. 「―ねもころ思ひて」〈・一三二四〉

  1. 葦の根は埿 (うき) の中にあり、節 (よ) が短く、分かれる意から「うき」「よ」「短し」「分く」にかかる。

    1. 「―憂 (う) き身のほどと知りぬれば」〈後拾遺・恋四〉

    2. 「―分けても人にあはむとぞ思ふ」〈後撰・恋二〉