出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「」と同語源》

  1. 日・月・星・灯火などの光。「月の―」「木陰にまたたく灯火 (ともしび) の―」

  1. 光が反射して水や鏡などの表面に映った、物の形や色。「湖面に雲の―を落とす」

  1. 目に見える物の姿や形。「どこへ行ったのか子供たちの―も見えない」

  1. 物が光を遮って、光源と反対側にできる、そのものの黒い像。影法師。投影。「夕日に二人の―が長く伸びた」

  1. 心に思い浮かべる、人の顔や姿。おもかげ。「かすかに昔日の―を残す」

  1. ある現象や状態の存在を印象づける感じ。不吉な兆候。「忍び寄る死の―」「社会に暗い―を落とす事件」

  1. 心に思い描く実体のないもの。幻影。まぼろし。

    1. 「そのころの幸福は現在の幸福ではなくて、未来の幸福の―を楽しむ幸福で」〈二葉亭浮雲

  1. つきまとって離れないもの。

    1. 「寄るべなみ身をこそ遠く隔てつれ心は君が―となりにき」〈古今・恋三〉

  1. やせ細った姿のこと。

    1. 「恋すれば我身は―となりにけりさりとて人に添はぬものゆゑ」〈古今・恋一〉

  1. 10 死者の霊魂。

    1. 「亡き―やいかが見るらむよそへつつ眺むる月も雲隠れぬる」〈・須磨〉

  1. 11 よく似せて作ったもの。模造品。

    1. 「誠の小水竜は、蔵に納め―を作りて持ったる故」〈浄・五枚羽子板〉

  1. 12 江戸時代、上方の遊里で揚げ代2匁の下級女郎。