出典:デジタル大辞泉(小学館)

葦の茎で作った矢。朝廷で大晦日 (おおみそか) の追儺 (ついな) の式に、桃の木の弓につがえて鬼払いの具として用いた。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉