出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 社寺参詣の女性が、物忌みのしるしとして用いた赤い帯。赤色の絹を畳み、胸の前に掛け、背後で結んだもの。

  1. 近世の女子の盛装に用いた裳 (も) のひも。裳の大腰につけ、肩に掛けて胸の前で結ぶもの。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉