かけ‐ざん【掛(け)算】 の意味

  1. ある数を他の数の表す回数だけ加えた合計を求める計算。乗法。⇔割り算
  • かけ‐ざん【掛(け)算】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その日キッコが学校から帰ってからのはしゃぎようと云ったら第一におっかさんの前で十けたばかりの掛算と割算をすらすらやって見せてよろこばせそれから弟をひっぱり出して猫の顔を写生したり荒木又右エ門の仇討のとこを描いて見せたりそしておしまいもう・・・

      宮沢賢治「みじかい木ぺん」