出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 頼母子講 (たのもしこう) 無尽などで積み立てていく金。掛け金。

  1. 中世、領主が領民に課した課銭。

  1. 勝負事にかける金銭。