出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. 桟敷・縁など、建物の一部を本体から突き出して造る。「池へ―・した濡れ縁」

  1. 両替をするとき、客に渡す金銀の目方をごまかして実際より多く読む。

    1. 「両替が手前にある物を―・して、身請けの間もなく」〈浮・諸艶大鑑・六〉