出典:デジタル大辞泉(小学館)

上代、神社の玉垣にかけて神にささげた稲の初穂の束。懸け稲。

「―千税 (ちぢから) 余り百税 (いほちから) を」〈祝詞・同神嘗祭〉