出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]

  1. (「…にかけては」の形で用いる)…に関しては。…については。「早起きに掛けては彼の右に出る者はいない」

  1. (「…から…にかけて」「…から…へかけて」の形で)ある所・時から他の所・時まで、動作・状態が及ぶ意を表す。…にわたって。「この鳥は秋から冬に掛けて日本にやって来る」