出典:デジタル大辞泉(小学館)

四季の花や鳥を組み合わせて薬玉 (くすだま) の形に作り、部屋飾りに用いたもの。江戸時代、公家の間で多く行われた。