出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 藺草 (いぐさ) などを束ねてつくった小さい舟。最も原始的な舟で、古代のエジプト・インド・中国などで用いられた。日本でも古事記水蛭子 (ひるこ) をこの舟に乗せて流した話がある。ペルーとボリビアとの国境にあるチチカカ湖では、今も漁などに使用。

  1. 刈り取った葦を載せた舟。あしかりおぶね。

  1. 水面に浮いた葦の葉を舟にたとえていう語。