出典:デジタル大辞泉(小学館)

中世以降、寺社の祭や法会に行われ、参詣人などが自由に参加できた、庶民的な連歌。着座した連衆 (れんじゅ) 以外は、立ったまま笠もぬがずに句を付けたので、この名がついた。花の下 (もと) 連歌の流れをくむもの。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉