出典:デジタル大辞泉(小学館)

文字を粗雑に、また、まずく書くこと。また、そのように書いた筆跡。他人をあざけったり、また、自分でへりくだったりして言う場合などに用いる。

「―の口上書き、読みかぬるは」〈浄・関八州繋馬〉