出典:デジタル大辞泉(小学館)

上代、草木の花や枝などを髪に挿したこと。また、挿した花や枝。平安時代以後は、冠に挿すことにもいい、多く造花を用いた。幸いを願う呪術的行為が、のち飾りになったものという。→髻華 (うず) 

「秋萩は盛り過ぐるをいたづらに―に挿さず帰りなむとや」〈・一五五九〉