出典:デジタル大辞泉(小学館)

人のふうをまねる。人の影響下にいる。

「忘れても島田平右衛門が娘の―◦居るな」〈浄・宵庚申