出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代以降、公家社会に行われた衣服の表地と裏地、また衣服を重ねて着たときの色の取り合わせの種目。男子では直衣 (のうし) 狩衣 (かりぎぬ) 下襲 (したがさね) などの、女子では唐衣 (からぎぬ) 袿 (うちき) 細長などの表地と裏地や、五つ衣 (ぎぬ) 単 (ひとえ) などの重なりの色の配合。男女とも季節や年齢などで着用する色が定まっていた。また、所持する懐紙の重なりの配合にもいう。

[補説]江戸後期以降に使われはじめた語。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉