出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸谷中 (やなか) 、笠森稲荷 (いなり) 境内の水茶屋鍵屋の娘。明和(1764~1772)のころ、浮世絵に描かれて評判となった美人。黙阿弥の「怪談月笠森」などにも戯曲化された。生没年未詳。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉