かざん‐がんけい〔クワザン‐〕【火山岩×頸】 の意味

  1. 火山体の大部分が浸食されたあとに、火道を埋めていた溶岩や火砕岩が浸食から取り残されて塔状に突出した地形。岩頸。