出典:デジタル大辞泉(小学館)

Palácio Nacional da Ajuda》ポルトガルの首都リスボンの南西部、アジュダ地区にある新古典様式の宮殿。19世紀にブラガンサ王朝の王宮として、イギリスのバッキンガム宮殿を手本に建てられた。1910年のクーデターで王政が廃止され、現在は迎賓館として利用される。