出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]かしがま・し[シク]《中世までは「かしかまし」》
  1. 人声や物音がうるさく感じられる。やかましい。騒々しい。

    1. 「雨蛙の啼くのが前よりも繁く、―・く聞える」〈谷崎蓼喰ふ虫

  1. 口うるさい。

    1. 「物言へば、ひがみたりと―・しう言へば、聞きにくし」〈落窪・四〉