出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 不注意などによって生じたしくじり。過ち。

  1. 法律用語。

    1. 私法上、一定の事実を認識することができるはずなのに、不注意で認識しないこと。

    2. 刑法上、行為者が不注意によって犯罪事実の発生を防止しなかった落ち度のある態度。⇔故意 (こい) 

  1. 欠点。

    1. 「―なき美人なりけり」〈盛衰記・一九〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース