出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、火事装束に用いた羽織。武家のは革・羅紗 (ラシャ) 製の身丈が短めの打裂 (ぶっさき) 羽織で、前後5か所に定紋をつけた。火消しのは普通の羽織と同じ形で、紺無地の木綿を刺し子袷 (あわせ) 仕立てにし、背や襟に所属の組印や組名を染め抜いた。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉