出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸中期の俳諧紀行。一軸。松尾芭蕉著。寛政2年(1790)刊。貞享4年(1687)、芭蕉が門人曽良と宗波を伴い、鹿島神宮へ月見を兼ねて参拝したときの紀行。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉