出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 応対すること。あつかい。もてなし。「ひどいあしらいを受けた」

  1. 組み合わせて趣を添えること。また、そのもの。取り合わせ。「あしらいにパセリを添える」

  1. (「会釈」とも書く)芸能の型。また、手法。

    1. ㋐能で、相手役に向き直って応対する型。

    2. ㋑能の囃子 (はやし) の一。

    3. ㋒狂言に奏する囃子。狂言アシライ。

    4. ㋓長唄で、間拍子 (まびょうし) に合わせて、自由な形で即興演奏する手法。

  1. 連句の付合 (つけあい) 手法の一。前句の事物を取り入れた付け方。→七名八体 (しちみょうはったい) 

出典:青空文庫