出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「かちめ」。「搗 (か) ち藻 (め) 」の意》チガイソ科の褐藻。水深5~20メートルの海底に生える。茎は長さ1~2メートルで、大きな羽状の葉をもつ。ヨードアルギン酸をとる。地方によりアラメともいう。さがらめ。 春》「蜑人 (あまびと) ら―を刈りて負ひきたる/秋桜子