出典:デジタル大辞泉(小学館)

《網の代わりの意》

  1. 定置網の漁場。また、いつも魚群が集まってくる場所。

  1. 湖や川に柴 (しば) や竹を細かく立て並べ、魚を簀 (す) の中へ誘い込んでとる仕掛け。冬の宇治川氷魚 (ひお) 漁が古くから有名。 冬》「鳥鳴て水音くるる―かな/蕪村

  1. 杉・檜 (ひのき) ・竹などの細い薄板を、互い違いにくぐらせて編んだもの。天井・垣根・笠などに使用。

  1. 網代車」の略。

出典:青空文庫