出典:デジタル大辞泉(小学館)

竹や檜 (ひのき) の網代を屋根や両わきに張り、黒塗りの押し縁 (ぶち) をつけた輿。近世、親王摂家 (せっけ) 清華家 (せいがけ) で常用した。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉