出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動ナリ]舟が葦の生い茂ったところを押し分けて進むこと。また、物事をするのに障害があるさまにたとえていう。
  • 「過ぎぬる夜は―なることのありしなり。今夜は必ず待て」〈頼政集・詞書〉