あしわけ‐おぶね〔‐をぶね〕【×葦分け小舟】 の意味

  1. 葦の中をこぎ分けて進む小舟。多く、物事に差し障りの多いことをたとえていう。
    • 「湊入りの―障り多みいま来む吾をよどむと思ふな」〈・二九九八〉
  • 名詞