か‐すい【加水】 の意味

  1. 水を加えること。

か‐すい【加水】の慣用句

  1. かすいかいり【加水解離】
  1. かすいぶんかい【加水分解】
    • [名](スル)化合物に水が作用して起こる分解反応。(えん)を水に溶かすと塩基に分解する反応があり、加水解離ともいう。有機化合物ではエステルやたんぱく質などが水と反応して酸とアルコールや、アミノ酸などができる反応などがある。水解。
  1. かすいぶんかいこうそ【加水分解酵素】