出典:デジタル大辞泉(小学館)

古今集・雑下の「世の中はなにか常なる飛鳥川 (あすかがは) 昨日の淵ぞ今日は瀬になる」から》人の身の上は明日はどうなるかわからないこと。将来どう変わってゆくかわからないこと。明日の淵瀬。昨日の淵は今日の瀬。