出典:デジタル大辞泉(小学館)

よくないことが、いつ自分自身にふりかかってくるかわからないということ。