出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]
  1. やっと感じ取れる程度であるさま。はっきりとは認められないさま。「―な物音」「―な記憶」

  1. 生活ぶりなど弱々しく、細々としたさま。「わずかな収入で―に日を送る」

  1. 姿かたちのみすぼらしいさま。貧弱。

    1. 「―なる小さき法師一人をなん具したりける」〈今昔・一七・四四〉

  1. 人目につかないさま。ひっそりとして寂しそうなさま。

    1. 「北の方の―なる御有様をも」〈平家・一二〉

    2. 僅 (わず) か[用法]

[派生]かすかさ[名]

出典:青空文庫