出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉時代の代表的絵巻物。絹本着色。全20巻。目録1巻。春日大社創建の由来と数々の霊験とを描く。目録によれば、絵は高階隆兼 (たかしなたかかね) が描き、西園寺公衡 (さいおんじきんひら) の発願で延慶2年(1309)春日大社に奉納された。稠密 (ちゅうみつ) 華麗な画風は大和絵の一頂点を示す。春日権現霊験記。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉