出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸中期以降、宿駅の定助郷 (じょうすけごう) に新たに追加された助郷役。街道の交通量の増加に伴って徴発された。増 (まし) 助郷。