出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良県中部を流れる川。高取山に源を発し、畝傍 (うねび) 山天香具山の間を流れ、大和川に注ぐ。昔は流れの変化が激しかったので、定めなき世のたとえとされた。また、同音の「明日」の掛け詞や枕詞としても用いた。[歌枕]
    1. 「世の中はなにか常なる―昨日の淵ぞ今日は瀬になる」〈古今・雑下〉

    2. 「―明日も渡らむ石橋の遠き心は思ほえぬかも」〈・二七〇一〉
謡曲。四番目物金剛喜多流世阿弥作。母に生き別れた少年友若は、飛鳥川のほとりで尋ねる母に再会する。

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉