出典:デジタル大辞泉(小学館)

明日香村にあり、元興寺・法興寺などと呼ばれた寺。推古天皇4年(596)蘇我馬子 (そがのうまこ) の建立と伝えられる。平城遷都に伴い平城京に元興寺建立後は本元興寺と呼ばれた。現在、安居院飛鳥大仏が残る。