出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 空気中に浮かんでいるさまざまな細かい粒子のため、遠くがはっきり見えない現象。また、霧や煙が薄い帯のように見える現象。「霞がたなびく」 春》「指南車を胡地に引去る―かな/蕪村

  1. (「翳み」と書く)視力が衰えて、物がぼんやりと見えること。「目に霞がかかる」

  1. 色紙・短冊などの上方を絵の具や金粉などでぼかした模様。大和絵では場面転換や空間の奥行などを示すために雲形に描かれる。

  1. 衣類などが日に焼けて変色すること。

    1. 「袖口の毛繻子に褐色 (ちゃ) の―が来て居るのを」〈緑雨・油地獄〉

  1. 朝または夕方、雲に日光が当たって赤く見える現象。朝焼けや夕焼け。〈和名抄

  1. 酒のこと。

    1. 「―を入るる徳利一対」〈大句数・五〉

[補説]1は、平安時代ごろから春のは霞、秋のはと区別されるようになったが、上代では、その区別は定かでなく、春秋どちらにも両者が使われていた。