出典:デジタル大辞泉(小学館)

ひいきの遊女や役者の紋を自分の紋と並べて衣服につけること。また、その紋。

「上には卵色の縮緬に思ひ入れの―」〈浮・一代男・七〉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉