出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 空気のほぼ水平方向の運動。風向風速で動きを表す。山谷風海陸風のような小規模のものから、中規模の季節風、大規模な偏西風貿易風などがある。「風が吹く」「涼しい風に当たる」「テントが風をはらむ」

  1. その身に感じられる人々のようす。また、世の中の動きやありさま。「浮世の風は冷たい」「娑婆 (しゃば) の風」「野党に風が吹く」

  1. 寄席芸人用語で、扇子のこと。

  1. (多く「風邪」と書く)鼻・のど・気管などのカタル性炎症。くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・のどの痛み・咳 (せき) ・痰 (たん) や発熱・頭痛・倦怠感 (けんたいかん) などの症状がみられ、かぜ症候群ともいう。感冒。ふうじゃ。「風邪をひく」 冬》「縁談や巷 (ちまた) に―の猛 (たけ) りつつ/草田男

  1. 風習。習わし。

    1. 「久方の月の桂も折るばかり家の―をも吹かせてしかな」〈拾遺・雑上〉

[接尾]名詞に付いて、そぶり、ようす、わざとらしい態度などの意を表す。「先輩風を吹かす」「臆病風に吹かれる」
[補説]書名別項。→