出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 人や物などを預かること。「預かり物」「保護預かり」

  1. 預かり証。「一筆預かりを書く」

  1. 物事の決着をつけないで持ち越すこと。特に相撲などで、勝負をつけないままにすること。「その件は次回まで預かりとしよう」

  1. 引き受けてめんどうをみること。また、その人。担任者。管理者。留守番。

    1. 「なにがしの院におはしまし着きて、―召し出づるほど」〈・夕顔〉

  1. 平安時代、役人の長の一。院の御厨子所 (みずしどころ) 進物所の奉行など。

  1. 中世、荘官 (しょうかん) の一。→預所 (あずかりどころ) 

出典:青空文庫