出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 預かった金。預け金を受託者の側からいう。

  1. 《「借りる」ことを「預かる」というところから》借金。江戸では金本位なので「あずかりきん」、上方では銀本位なので「あずかりぎん(預かり銀)」といった。

    1. 「講中の―も晦日 (みそか) にゃあ揃 (そろ) へて」〈人・辰巳園・初〉