あずかり‐どころ〔あづかり‐〕【預所】 の意味

  1. 平安末期以後の荘園制で、荘官 (しょうかん) の一。領主に代わって下司 (げし) 公文 (くもん) などの下級荘官を指揮し、年貢徴集や荘地の管理などにあたった職。上司 (じょうし) 。あずかりしょ。
  1. 預かり地」に同じ。