• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

か‐せん【歌仙】 の意味

  1. すぐれた歌人。「歌聖」に次ぐ人ともいう。六歌仙三十六歌仙が有名。
  1. 連歌俳諧の形式の一つで、長句と短句を交互に36句続けたもの。2枚の懐紙の第1紙の表に6句、裏に12句、第2紙の表に12句、裏に6句を書きつけた。和歌の三十六歌仙にちなんだ名称で、蕉風 (しょうふう) 確立以後、連句形式の主流となる。

か‐せん【歌仙】の慣用句

  1. かせんえ【歌仙絵】
    • 三十六歌仙などの肖像を描き、これにその代表的な和歌を書き添えたもの。鎌倉時代、似絵(にせえ)の一ジャンルとして最も盛行し、佐竹本三十六歌仙絵巻などが代表作。
  1. かせんそう【歌仙草】
    • キク科の多年草。日当たりのよい湿地に生える。高さ40~70センチ。葉は先のとがった長楕円形で、縁に細かいぎざぎざがある。夏、黄色の頭状花をつける。