出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. すぐれた歌人。「歌聖」に次ぐ人ともいう。六歌仙三十六歌仙が有名。

  1. 連歌俳諧の形式の一つで、長句と短句を交互に36句続けたもの。2枚の懐紙の第1紙の表に6句、裏に12句、第2紙の表に12句、裏に6句を書きつけた。和歌の三十六歌仙にちなんだ名称で、蕉風 (しょうふう) 確立以後、連句形式の主流となる。