出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治初期に用いられた小説の一文体。平安時代の文語文に基づく表現法と日常的俗語とを混合した文体。ふつう、地の文は文語体、会話は口語体で書かれた。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉