あずき‐なし〔あづき‐〕【小豆梨】 の意味

  1. バラ科の落葉高木。山地に生え、枝は紫黒色で白色の斑点があり、秤 (はかり) の目のように見える。初夏、白色の花が咲き、長楕円形の実が赤く熟す。はかりのめ。